« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月19日 (水)

玉木啓太 プロ&デモ:GREXサポート選手登録

Photo_2

玉木啓太君がGREXJAPAN 以下カテゴリーのサポート選手に登録されました。

①ワックス:速剤 シリーズ

②プレート:DNAシリーズ

③サーモプロ、チューン:サーモC/S

http://ameblo.jp/k-ta222/page-2.html#main

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

フリースタイルボードプレート DNA-FS レポート:尾瀬岩鞍

Dnafs1 Dnafs2

こんにちはK-snow JAPANの西尾です。僕は今シーズンも関東のビッグゲレンデである
ホワイトワールド尾瀬岩鞍をホームに活動中です。雪も豊富で今年も良いシーズンと
なりそうです。

さて、最新のフリースタイル用のプレートであるDNA-FSマルチフレックスのレポート
をしたいと思います。僕はカービングが大好きなので、このプレートを一昨年から使
用しています。とても気に入って使ってましたが、やや不満な点がありましたが、そ
れが今回のリニューアルにて大幅に改善されました。1点目はやはり重量ですが、こ
れはプレートの穴を増やすことにより軽量化がはかられ、ボードの持ち運びはもちろ
ん、リフトでの重量感の軽減、ボードの取り回しがとてもしやすくなりました。2点
目はプレートの長さが短くなり、前モデルでは装着により少しボードのフレックスが
硬くなりすぎていた点も、一気に解消されました。

前モデルから継承されているプレート装着によるエッジグリップの増加は特筆すべき
ものがあり、高速時や、急斜面滑走時にとても安心して滑ることができています。
もちろん、FCX-SRプレートと同様にドラッグ(滑走中にバインディングやブーツが雪
面にあたること)しにくくなり、アルペンより横向きにバインディングを取り付ける
フリースタイルでも、しっかりと安心してエッジを立てられる、とても良いグッズで
す。

DNA-FSマルチフレックスはカービングを追求し、高速下でしっかりボードを立てて滑
走したいフリースタイルボーダーにはボードメーカーにかかわらずとても良い商品だ
と思います。

http://www.k-snow.com/index.html

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

スノーボードプレート DNA-EX SHORT 感想

栃木県Nさんから感想が寄せられました。

先日、渋井充代プロから半日だけお借りして試乗させていただいたのですが、F2社のSプレートに比べてエッジグリップや雪面からの反応が良く、VIプレートよりも軽くて操作性が良いこと、総じてターンの切り返しタイミングが掴み易く非常に快適にスピード維持できるように感じました。

ボードはオガサカEVO SL159、ハンタマの急斜~緩斜面
雪質はハードのバーンでテストしています。

普段はSLボードにSプレート/GSボードにVIプレートを使用しています。



| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

DNA-EX SHORT レポート:No,2

4_ca0ywy49

新年に入り、1月4日,5日,7日と、DNAーEX SHORTを、GSボード=F2ーWCーRSー169にセットして、滑り込んでいました。

とにかくマッチングが良い感覚と、アイスバーン~急斜面&緩斜面で安定したラインどりができ、操作性も上がって感じる事ができました。

昨年のGS用DNA330モデルと比べても、同じような感覚の乗り味なので,中~上級者であれば、確実にエッジの角づけや、しっかりとしたカービングを楽しむ事ができると思います。

更に7日は、ゲート練習でも使い始めましたが、今年モデルボードの不安が一掃できる程に板の動きも良くて、3時間のトレーニング中にDQなし,コースコンディションの変化も気にならないほど安心感があり、板もよく走っていたと感じました。
 

スラ板には1日しかセットして使ってないので、今日と明日のゲートトレ合宿(南郷スキー場にて)でまた試してみたいと考えています。

| | コメント (0)

スタートWAXレポートNo,2:ハンター -10℃

3_ca69g2bk

スタートWAX:1st STAGE ウルトラスーパーグリーンに関しては、とても良い感触です。
このところ、マイナス10度前後の日ばかりで滑ってますが、私のホームゲレンデのハンターや,プロ戦のある軽井沢や白樺湖など、人工降雪がベースの,硬い雪質に軽い雪が乗ってるような時にはまさにピッタリだと思います。
今まで寒すぎる気温では、フッ素入りのスタートワックスを使わないといった選手もいたと思いますが、このスーパーグリーンは揃えておきたいワックスになると思いました。
 
今日は新雪でも試してみれるので、また報告レポートをしたいと思います。
とりあえずまた~(^o^)

| | コメント (0)

スタートWAXレポート:志賀高原-17℃

Ul12_spgrn400400

弊社アドバイザーから志賀高原-17℃でのスタートワックス 1st STAGE スーパーグリーンの報告。

雪面付近の気温-17℃、板が雪に張り付く状況でテスト。

ベースメーキングはマニアルの通り実施。

1st、ウルトラスーパーグリーンに2nd、XMAXを重ね塗りで予想以上の軽快な滑走ができたようです。

3rd、+MAXは今回テストしなかった。

この状況での滑走性能はレースでは大きなアドバンテージがあり、有効である。

海外からも同様のレポートが届いています。

http://grexjapan.shop28.makeshop.jp/

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

DNA-EX SHORT レポート:From Hunter

Imgp0833 渋井充代プロからDNA-EX SHORTのファーストレポートが届きました。

ニュータイプDNAーEXショートタイプをSLボードに装着して,F2‐WC‐SL‐153、で滑ってきました。  バーンはハンターマウンテンで、アイスバーンのベースに新雪がついた硬め,急斜面~緩斜面で試してみました。

  率直な感想は、急斜面でのカービングでしっかりとエッジに頼れて、安心感がありました。

緩斜面でも板がたつので、体を傾けて深回りするのが気持ち良かったです。  かなりパワーアップした感じを受けたので、GSボードでも使ってみたいのと、ゲートに入るのも期待しています。

  あえて気になった点は、板が硬く厚みが増したように感じる時があって、滑り出しや低速では気になる事がありました。
(今期モデルの板の性能で、もともと硬く厚みのある感触を受けていたので、その影響かもしれないとも考えられ、もう少し乗りこんでみたいと思います)

  自分的にはスピード感がないのですが、チーム員からは‘板が良く走っている’と言われ、落下スピードが増しているようです。

Imgp0831_2

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »