« 新製品:スノーボードプレート 純正ビス MT-22 | トップページ | スタートWAXレポート:志賀高原-17℃ »

2011年1月 5日 (水)

DNA-EX SHORT レポート:From Hunter

Imgp0833 渋井充代プロからDNA-EX SHORTのファーストレポートが届きました。

ニュータイプDNAーEXショートタイプをSLボードに装着して,F2‐WC‐SL‐153、で滑ってきました。  バーンはハンターマウンテンで、アイスバーンのベースに新雪がついた硬め,急斜面~緩斜面で試してみました。

  率直な感想は、急斜面でのカービングでしっかりとエッジに頼れて、安心感がありました。

緩斜面でも板がたつので、体を傾けて深回りするのが気持ち良かったです。  かなりパワーアップした感じを受けたので、GSボードでも使ってみたいのと、ゲートに入るのも期待しています。

  あえて気になった点は、板が硬く厚みが増したように感じる時があって、滑り出しや低速では気になる事がありました。
(今期モデルの板の性能で、もともと硬く厚みのある感触を受けていたので、その影響かもしれないとも考えられ、もう少し乗りこんでみたいと思います)

  自分的にはスピード感がないのですが、チーム員からは‘板が良く走っている’と言われ、落下スピードが増しているようです。

Imgp0831_2

|

« 新製品:スノーボードプレート 純正ビス MT-22 | トップページ | スタートWAXレポート:志賀高原-17℃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新製品:スノーボードプレート 純正ビス MT-22 | トップページ | スタートWAXレポート:志賀高原-17℃ »