« 和田吉宏プロ:08/09来期モデルにプレート装着 | トップページ | 奈良泰伸くん:来期08/09MOSSメタルボードにプレート装着 »

2008年2月 9日 (土)

3in1プレート:モニター7号秋山プロの感想が届きました

Photoテスト日:2月1日

場所:車山高原 スラロームコース・スポーツマンコース

使用ボード:BC STREAM  CHARGE179

 まず平均斜度15度(スラロームコース)の中緩斜面から滑り始めましたが、「3in1プレート」の効果はすぐに現れました。特に強く感じたことは、トーション値が高くなり板を自分の体の遠くに置き、最大のプレッシャーをかけられることです。

 装着以前はターン中盤に板がセンターから強く捻れる感覚がありプレッシャーが逃げてしまいエッジグリップに不安感が残りました。ターン中盤から終盤にかけ足を伸ばしきれず結果的に加速を生む滑り方ができず、また、次のターン導入にもたつくことが多々ありました。

 不安要素のなくなった装着後は、しっかりと板のノーズから雪面を捉え両足で乗り込み、後半に今まで体感のしたことのない「安定感」と板本来の「走り」「抜け」が生まれ、次のターンへ適確なアシストをもたらしてくれます。

 最大斜度38度の急斜面(スポーツマンコース)では更に顕著な効果が発揮され、足裏に伝わってくる不快な振動もほとんどなく確実なエッジグリップの中、安定したライディングが可能となりました。

当日は谷田社長、LEGNA松崎店長にもテストランを見て頂きアドバイスを頂きました。

 

 今は「早く装着すれば良かった!!」ということだけが悔やまれます…。

「プレートを付けると硬くなって滑れなくなりそう」、「付けている人は皆上手いからちょっと…」などといった抵抗は捨ててください!!

確実にカービングターンをアシストし、レースでは間違いなくタイム向上につながります!!

www.sports-dormitory.com/

|

« 和田吉宏プロ:08/09来期モデルにプレート装着 | トップページ | 奈良泰伸くん:来期08/09MOSSメタルボードにプレート装着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和田吉宏プロ:08/09来期モデルにプレート装着 | トップページ | 奈良泰伸くん:来期08/09MOSSメタルボードにプレート装着 »