« 3in1プレート:モニター7号秋山プロの感想が届きました | トップページ | 屋田翔太くん:来期08/09BCメタルSLにプレート装着 »

2008年2月20日 (水)

奈良泰伸くん:来期08/09MOSSメタルボードにプレート装着

Photo チームREVIC 奈良泰伸くんの08/09MOSSメタルボードGSに3in1プレート・SLに2in1プレートを装着しました。 新たに採用されたメタルGSはメタル効果でボードトップのフレックスとバーンの捉えがノーマルの状態で十分良い感触があるとのことで3in1プレートのトップビスは取付けず、フロントセット20mmでセッティングしました。

メタルSLに装着した2in1プレートは全ビス取付けました。

http://www.revicsport.com/

プレート装着ボードで注意すること

プレートを取付けたALボードのエッジはビベル角度2°落とし 90°を推奨しています。 ボードのサイドカーブによってはトップとテールをビベル3°落とし 90°に調整している選手もいます。 これはエッジグリップがよすぎるために調整してしています。 エッジグリップがよすぎる・強いということはブレーキングになり、推進力が弱くなるからです。

プレート装着ボードの操作では高い位置から軽く踏んでボードの反応と同時(早めの操作)に切り替える操作を推奨しています。 プレート装着でボードの反応は良くなりますので反応を待っていたのでは遅いのです。 低い位置からの踏みすぎはタイムが出ませんので注意しましょう。 それと、エッジグリップが良くなりますがエッジに頼りすぎる内倒はいけません。

http://6824.teacup.com/grexjapannet/shop

|

« 3in1プレート:モニター7号秋山プロの感想が届きました | トップページ | 屋田翔太くん:来期08/09BCメタルSLにプレート装着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3in1プレート:モニター7号秋山プロの感想が届きました | トップページ | 屋田翔太くん:来期08/09BCメタルSLにプレート装着 »